アレルギーの症状

犬のアレルギーは、わんちゃんのストレスや食べ物が主に原因になるようですが、どのような症状があるのでしょう。特にアレルギーというとアトピー性皮膚炎の場合が多く、なりやすい犬種もあるようです。例えば柴犬、シーズ、シェットランドシープドッグ、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレットリバーなどが、かかりやすいとのこと。そして特に生後半年から3歳ぐらいのわんちゃんに発症率が高いと言われており、激しい痒みを伴います。

皮膚が赤くなったり発疹がでますが、お腹、足、顔などに出やすいとのこと。もちろん放っておけば、全身に発症することにも。そのため早く病院に連れて行ってあげることが重要です。他にもくしゃみ、下痢、嘔吐などの症状も。このような症状があったらアレルギーの原因を探って、できるだけ早く原因を改善することも大切です。

原因はドッグフードやダニ、ハウスダスト、カビ、花粉、遺伝などがありますが、室内犬の方が影響を受けやすいため、室内犬の方が発症率が高いこととも関係がありそうです。ドッグフードに関しては室内、室外関係ありませんが、毎日食べるものなので添加物などの影響は大きいはずです。アレルギーの原因は1つの原因で始まるものではなく、いくつもの原因が重なって発症することがほとんど。だからこそ、ドッグフードも見直すことは大切なのです。